ハイドロキノン化粧品は、どれがいい?

*

ハイドロキノン配合の化粧品に注目!

美ハイドロキノンという言葉、美白に関心のある女性なら耳にしたことがあると思いますが、ハイドロキノンとは美白効果のある成分。

できてしまったメラニン色素の色を薄くする働きがあるため、主に皮膚科など病院でシミの治療薬として使用されています。

このハイドロキノン、現在では市販の美白化粧品などにも使用されていますが、強力な作用があるため、日本で厚生労働省により許可されている配合率は2%まで。それ以上の濃度のものは実は病院での処方が必要です。



0eaaf0d02b9630e7cda6a6609150d274_s



ハイドロキノン入り化粧品の効果とは

ハイドロキノンは、もともと苺やコーヒーなどに含まれる天然の成分。酸化を抑える還元作用があるため、ゴムの酸化防止剤としても使用されています。

米国では昔からポピュラーな美容成分として市販の化粧品などにも配合されていましたが、日本では医師の指導のもとにしか使用が認められておらず、化粧品に使用されるようになったのは2001年とつい最近のことなのです。

ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを抑制し、さらにメラニン色素を生成するメラノサイトそのものに作用し減少させる効果があります。

メラニンは紫外線に当たるとその刺激で酸化し、さらに濃く黒くなる性質を持っていますが、ハイドロキノンには還元作用があるため酸化を還元し、メラニンの色を薄くする働きもあります。

つまり、ハイドロキノンはシミを予防する効果とできてしまったシミを薄くする効果がダブルで期待できるという実に素晴らしい成分なのです。


ハイドロキノン化粧品、副作用が心配!?

美白効果が高く、シミ改善にはとても有効なハイドロキノン成分ですが、強力な作用で肌への刺激・負担がとても大きいので安全性について心配になりますよね。

もともと、医師の処方のもとでしか使われことが許されていなかった成分ですから、一般の使用に際しては慎重になる方も多いでしょう。

ハイドロキノンは濃度の高すぎるものを使用したり、体質にあわなかったりした場合は副作用が現れることもあります。

副作用1 皮膚の炎症
ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化しやすい成分。体質にあわない場合、また劣化した化粧品を使用した場合などに、赤みや炎症を起こすことがあります。ハイドロキノン入りの化粧品を使う際には必ずパッチテストを行い、体質に合うことを確認した上で使用しましょう。また、開封後はできるだけ早く使い切るようにはし、使用期限のすぎたものや酸化して茶色っぽく変色したものは使用しないように注意しましょう。
副作用2 シミの悪化
ハイドロキノンは紫外線を受けるとシミを濃くしてしまう作用があるため、紫外線対策を行わないと逆逆効果。ハイドロキノン配合の化粧品を使用した時は日焼け止めクリームを必ず併用するようにします。また、ハイドロキノン入りの化粧品は夜だけ使用し、朝~日中のお手入れには使用しない方法もあります。
副作用3 白班
濃度の高すぎるものを長期で使用し続けると、塗った箇所が白い斑になってしまうこともあります。日本で市販されている化粧品はすべて2%以内ですからこういった心配はまずないのですが、海外のものを購入して使用する場合は、濃度が4%未満のものを選びましょう。

a7200a0b73f087d315bc643825fd49b6_s



記事